発達改善スクール ハッピーテラス

  • ご応募の方はこちらから
  • ホーム
  • ハッピーテラスが目指すもの
  • 一日の流れ
  • 管理責任者の仕事
  • 運営スタッフの仕事
  • よくあるご質問
  • 求人情報

発達改善スクール ハッピーテラス

ハッピーテラスの仕事

トレーニング講師 鈴木未央先生トレーニング講師 鈴木未央先生

Profile
学生時代のボランティアで興味を持った発達障害の子どもたちと接する仕事をするため、ハッピーテラス柏教室に入社。指導員としてトレーニング講師を担当するほか、イベントの企画・運営も積極的に手がける。

がんばってよかった!
そう思わせてくれた一本の電話

子どもが好きなので、大学時代に児童館や子ども向けイベントのボランティアを4年間続けました。ある集まりで、発達障害の子がいるグループのリーダーを任されたのですが、実は私自身も気持ちを言葉で伝えるのが苦手です。口下手な私でいいのかな?という迷いもありましたが、何度も会って対話を重ねることで、その子に少しずつ変化が表れ、笑顔を見せてくれたり、周りの子たちと話したりするようになったんです。保護者の方にも、こんな姿が見られるとは思わなかったとおっしゃっていただき、とてもうれしかったです。
そんな経験があったので、求職中にハッピーテラスを知ったときには、ここだ!と思いました。ボランティアでコミュニケーションに悩む発達障害の子どもたちを見てきたので、コミュニケーション力の育成を目指すという方針に強く共感しました。それと、お会いしたスタッフの方々の雰囲気も自分に合っていると感じましたね。
現在は指導員として、トレーニングの講師を務めています。まだ入社して半年ちょっとなので、戸惑うことも多いのですが、少しずつ成長していく子どもたちの姿に勇気をもらっています。最近では、なかなか心を開いてもらえなかった高校3年生の子から「バレンタインのイベントがすごく楽しかったので、明日も参加していいですか?」と電話をもらったんですよ。その子にとっては、電話一本でもすごくエネルギーがいるはずです。イベントの準備は大変だったのですが、がんばってよかったです。

ノウハウを蓄積する段階だから
新人でもアイデアを発揮できる

放課後等デイサービス自体が、2012年の法改正後に誕生した新しいサービスです。特にハッピーテラスはコミュニケーション力の育成という独自のテーマをかかげていて、今はスタッフ全員でノウハウを一つずつ蓄積している段階なんです。新人でも発想力を生かした仕事を期待されますし、企画やアイデアを提案すれば上司や先輩が真剣に検討してくれます。かなり自由に任せてもらえて、しかも子どもたちからはダイレクトな反応が返ってくるので、面白さも責任も感じますね。
ですから、ハッピーテラスで活躍できるのは、自分で考え、行動できる人だと私は思います。とはいっても、任せきりではなく、職種関係なく全員でサポートし合えるのもハッピーテラスの強みです。私がトレーニング講師をはじめたころは、振り返りの時間を先輩が作ってくださいました。不安を取りのぞいてから帰宅するので、またあしたがんばろうという意欲が自然とわいてくるんです。心強いサポートがあるからこそ、1年目から思い切ったチャレンジができているのだと思います。